さらしてなんぼ~競馬やめますか?それとも人生やめますか?やっぱりにんにく入れますか?~

~2018年1月WIN5的中!55万払戻~でもギャンブル依存が止まりません…

【一発逆転狙い】ギャン中が最後に夢を託した草コイン『BCPT(BlockMason Credit Protocol)』をバイナンスで積み立て中!

長期保有目的で購入してみました

草コイン探しに奔走している訳ですが・・・

バイナンスだけでも100位あるので何を基準に選んでいいか難しい。

でも当たれば1年間で約1900倍になったコイン(Verge)なんかもあって夢があります。1万買ってても1900万・・・

 

そんな中、目をつけたのは『BCPT』

お金無いのでなけなしの2万位円分を購入。

で、今は278ドル位。1万円弱の含み益。

f:id:binbounako:20180227040359p:plain

チャートもいい感じ。

f:id:binbounako:20180227040407p:plain

ちなみにバイナンスのスマホアプリは見やすくて英語版でも使いやすい。

英検やTOEICなんて受けたこともなく、大学受験もしたこと無いから英語は底辺のレベルの俺でも言うのだから間違いないはず。

一攫千金の夢を託すならバイナンスはおススメです。

 

BCPTのどこが良さそうか?

BlockMasonは海外発のブロックチェーンスタートアップのプロジェクト。イーサリアムブロックチェーンのテクノロジーを駆使し、イーサリアムを現在よりも日常生活で使い易くするために、イーサリアムベースの債務/債権の発行や、貸借情報の記録/管理に特化した「Credit Protocol(クレジットプロトコル)」の開発など、スマートコントラクトの概念を具現化するプロジェクトを行っている。

venturetimes.jp

上記BCPTの説明文は、このサイトからの引用です。

さらにそこからの説明で分かりやすかったのは以下の通り。

ビットコインブロックチェーン:誰が誰に対していくら送ったかという、金銭的な取引の記録のみ
(送金=価値の移動のみ

イーサリアムブロックチェーン:誰が誰に対して、何時、どんな通貨で、何を送ったのかという、金銭的な取引の記録+αの記録(権利の取引が可能)

このイーサリアムブロックチェーンにBlockMasonのCredit Protocolを乗せることにより、誰がどの相手にどれだけの負債を負っているか、誰が誰に対していつの時点でいくら負債を抱えているか、ということを記録することができ、ピア・ツー・ピアの債権/債務の発行が可能となる。

 consensysmediajapan.com

まあなんとなくイメージ付きやすかったので興味が持てた。

とりあえずイーサリアムはこれから生き残りそうだしそれを進化させてるならこの草コインの方向性も間違ってないのかな程度の認識。

 

更に、『Lndr』っていう一般消費者向けモバイルアプリがリリースされます。

3月上旬にブロックメイスンはGoogle Play」と「App Store」からレンダーっていうアプリをリリースする予定。

『日常生活や仕事における契約関係(人と人が直接)の資金の貸し借りをする、一般消費者向け』のものらしい。

ちなみにこれを発表したのがこの会社。

www.baselayer.asia

あわせて、BlockMasonが、イギリスの仮想通貨取引所「HitBTC」での取引を、開始したことも発表。

 

この会社の社長は慶応生ってのも加点ポイント。俺と同学年位なのかな?

年齢は書いてないからわからんが。

 

他の参考記事。

prtimes.jp

www.msn.com

 

という感じでアプリがリリースする3月位にはもっと動きが活発になるのかも。

すでに上げ基調ではありますが。

明日5万追加購入予定です。

 

【2018.2.27.5:42追記】

更に5万購入。昨日の競馬の勝ちをここにオン。

1点BCPTの単勝に7万ベットしてるようなもんだ。

 www.kanenai.tokyo

ここは勝負だよ。

頼む。

借金を減らしたいのだよ・・・

人生やりなおしたのですよ・・・

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で